15.きらきらのサンダル

大人になってから再チャレンジするリスト【子どもの頃にしたかったこと・してほしかったこと・欲しかったもの】15番目。

関連記事です↓

「大人になってから再チャレンジするリスト」を作ってみる

夏が近づくと、女の子の靴売り場に並ぶ、きらきらのサンダル。

これです。

お姫様のようなこの靴が、子どもの頃、欲しくてたまりませんでした。

でも「履きにくいし、危ないから」と、買ってもらえなかった、憧れの夏の装いです。

理想と現実

大人になってから履こうと思うと、なかなか見つからないものなんですね。

靴屋を数件、回りました。

履き心地の悪い靴は、結局使わなくなることがわかっているので、通販はなしで。

店頭で唯一見つけたのが、これでした。

…でも、何とも歩きにくいサンダルです。

足のフィット感が、まったく心地よくありません。

ヒールのある、ビジューつきサンダルも、いくつか試してみましたが、不安定なことこの上なく。

まだ子どもを追いかけて走らなければならない世代ですし。

よそいき用の靴を履くようなライフスタイルでもありません。

あれこれ履いてみた中で、歩きやすさと、私のスタイルに合っていたのが、これ。

きらきらではないし、お姫様でもないのだけれど…

今いちばん履きたい! と思った、このサンダルを買いました。

子どもの頃は、試し履きすらさせてもらえなかった、きらきらのサンダル。

改めて「私の意思で」選び直したことで、自分が身につけるものが、心から納得できたのだと思います。

こんな形の再チャレンジも、ありですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする