まんがでわかる 頭に来てもアホとは戦うな!(田村耕太郎)

前に、これの元になった本を見かけて、買おうかどうしようか悩んでいて。

次に本屋に行ったら、漫画版が並んでいたので、こちらにしてみました。

何だか…ビジネス書の部類に入る本だと思うのですが、義家族やご近所さんに対するのと、通ずるものが(笑)。

会社だけでなく、嫁姑の関係や、近所づきあいで悩む人にも、すごく使えると思います。

「人生に重大な影響を及ぼすような」戦うべき相手ではないけれど、「不愉快で理不尽な言動を繰り出してくる存在」と、どのようにつきあっていくか。

相手にふり回されて、自分を見失わないように。

さらには、「アホ」を味方につけてしまうテクニックまで。

ビジネスマンでなくても、おもしろかったです。

イメージは「稲穂」

私が本を読み終えて、抱いたイメージです。

風が吹けば揺れるんだけれど、しなやかに頭を垂れて立っていて。

気がつけば、たくさんの実りを得ているような。

「たった一度しかない奇跡のような“自分の人生”を生きる」ために!

アホと戦わずに生きたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする