16.本屋で立ち読みをする

好きなことリスト、16番目。

関連記事です↓

好きなことを100個、書いてみる

本屋が好きです

小学生の頃は、ショッピングセンターに連れていってもらうたびに、本屋で1人、立ち読みをしていました。

たぶん、両親は、もっと一緒に買い物とかしたかったんだろうな。

でも私は、本が読みたくて入り浸り、時間になってもなかなか帰らない子どもだったと、記憶しています。

大きくなってからは、習い事の待ち時間や、学校帰り、仕事帰りなど。

本屋に寄っては、時間の許す限り立ち読みをして、たまに数冊買って帰る生活をしていました。

それが、子どもを生んでからというもの、本屋からぱったり足が遠のいてしまったのです。

生まれて間もない赤ちゃんでも、抱っこやおんぶで読むには限界があり。

大きくなってくると、家で読書さえ難しいのに、本屋で子どもを放っておいて読むなんて、とてもできなくて。

今でこそ、家族で出かけても、長男も次男も、30分ぐらいは本屋で過ごせるようになりましたが。

私も長女も、いつも不完全燃焼な立ち読みに終わっています。

今日こそは、昼間1日を、立ち読みに充てる!

好きなことを、するんだ。

そう決めて、本屋に行きました。

目につくものを、好きなように

昔から、小説は、買って読むことが多いです。

家でじっくり、楽しみたいから。

立ち読みは、漫画雑誌やエッセイ、実用書、写真集など…軽く読めるものを選びます。

本屋を歩きながら、気になった本を手にとり、めくってみる。

ああ、この自由な感じが、たまらなく好きなんだ。

自宅の本棚と違って、読んでも読んでも尽きることのない本がある。

読んでも読まなくてもいいし、借りた本みたいに、返却期限もない。

それが、すごく嬉しいんだ。

ということに、気がつきました。

1日読むぞ! とはりきって出かけましたが、2時間ちょっと、4冊ほど読んだところで撤退。

腕と肩、腰が痛くなってきたためです。

やっぱり、10代20代の頃と比べたら、立って読む体力が、落ちていたみたいですね(笑)。

でも、すごく楽しかった!

買うためでなく、読むためだけに本屋に行くのも、昔と変わらず、いいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする