春休みのお勉強

長い春休みを過ごすことになった長男長女は、宿題をたくさんもらってきました。

姉兄の宿題につきあっていると、次男がひとり遊びに飽きて、すぐにちょっかいを出してくるので、なかなか集中できません。

じゃあ、一緒にやったらどうだろう?

本屋で、幼児向けのドリルを買ってみることにしました。

「できないー!」と機嫌を損ねてしまっては、「宿題の時間を確保する」という目的が達成できないので。

実年齢よりやや低めのもので、次男が好きそうなもの…。

さんざん迷って、2~3歳向けの、数字のドリルにしました。

次男専用の、筆箱と鉛筆も準備して。

さあ、一緒に勉強してくれるかな?

「何これ! ぼくの? どうやってやるの?」

なかなかいい食いつきです。

線をなぞったり、数を数えたり…

自分の宿題を放り出して、教えてくれる長男(笑)。

ちょっと目論見とは外れていますが…嬉しそうに取り組んでいる姿を見ていると、まあこれもアリかな。

驚いたのは、長男がとても丁寧に教えてくれていることでした。

普段、自分の宿題は、わからなくなるとすぐに不機嫌になり、教えている私や娘にも当たり散らす長男なのに。

弟が「わからないよ!」と怒り出しても、ニコニコと「これはこうで、だからね…」と語りかけてくれます。

兄の熱意が伝わり、再び頑張れる次男なのです。

その光景は、娘が昔、幼い長男のお絵描きや工作につきあってくれたのと同じ。

どこまでも根気強くて、優しいもので。

自分が受けた愛情は、ちゃんと次の世代に渡せるんだなあ…と、心があったかくなりました。

私は、つられて怒ってしまうこともよくあるけれど。

子どもたちのように、愛情のバトンを渡す子育てをしようと、気持ちも新たに引き締まる思いです。

ちなみに、すっかりやる気に火がついた次男は、1日でほとんど終わらせてしまいました。

なぞり書きや点つなぎなど、鉛筆を滑らせていくものが楽しいみたい。

色塗りのページは、興味がないようで、手をつけませんでした。

長女が4歳ぐらいの頃は、迷路やぬり絵など、細かくて正確なものを好んでいて。

長男は、ハサミや色塗りなど、手を動かして作るものに夢中でした。

同じ年齢でも、個性が出ていて楽しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする