似顔絵って、楽しかった!

3月11日(月)に『100人似顔絵』のイベントを開催される、

大倉 あさみ さんの“1分似顔絵道場”に、参加してきました!

【似顔絵って、楽しかった!】

「似顔絵だから、そっくりに描かなくちゃ」

「上手に描かなくちゃ」

そんな思い込みが、スルッと取れちゃう!

人のお顔を見つめるのが、楽しくなっちゃう!

絵心は要らない!

な、似顔絵道場です。

①最初に、3分間で、あさみさんを描いてみる。

②早描き似顔絵のポイントを聞いて、あさみさんのお顔を見てから、2分間で、あさみさんを描いてみる。

③実際に描いてみての感触や質問を挟んで、最後に、1分間で、あさみさんを描いてみる。

で、実際に私の描いた似顔絵が、こちらです。

描く時間が短くなるほど、デフォルメに近づいていく感じがしました。

ただし“意図的に崩す”のではなく、

“特徴に、よりフォーカスしていく”という点で。

似顔絵って、どうやって描いたらいいの?

 の、何もわからない最初は、ただ無意識に、カメラを構えてみただけ、みたいな状態なんです。

それが、あさみさんにコツを教わると、描きたいポイントに向かって、どんどん焦点が絞られていく。

早描き似顔絵は、詩や俳句や短歌に近い気がします。

対象への愛のまなざしがあり、それを伝える表現を、ピンポイントで絞っていくところが、似ている。

私は、言葉では書けても、絵は描けない。と思っていたけれど。

確かに、手段は違うけれど。

“物事を見る”過程は、本質的には、通じるところがあるんだな。

その感覚を体験できたから、

「似顔絵って楽しいんだな!」

って、わかりました。

あさみさん、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする