いっさいはん(minchi)

たくさん絵本を買って、読み聞かせてきた長女と、好きな図鑑を選んでは一緒に眺めてきた長男。

家にはたくさんの絵本があるけれど、次男に選んで買ってあげたものって、ほとんどないなあと思い。

本屋の絵本コーナーを見ていて、なぜか自分用に買ってきてしまった1冊です(笑)。

子どもあるある

すごく可愛いんですよ!

そして、思わずうなずいて笑ってしまう。

穴があったら何でも詰めるとか、直しても直してもズボンの片すそが上がってくるとか、イラストと一緒に見るのがいちばんいいです。癒されます。

うちの次男は3歳になりましたが、いまだに「あるある」なことが満載でしたよ。

長女が「これ、あるある~!」って、大爆笑してました。

子どもたちはあっという間に、どんどん大きくなっていきます。

成長して、反抗期も思春期もやって来て、やがて大人になっていく中でも。

この愛くるしさ、いつまでも忘れたくないな、と思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする