おすしがふくをかいにきた(田中達也)

本屋さんで見て、立ち読みして、なおかつ買っちゃった! な1冊です。

ミニチュアのキャラクターも可愛いのですが、背景や小道具がたまらなくいい!

おすしに対して、わさびやいくらとか。

えんぴつに対して、定規や画鋲とか。

最後の、板チョコのテレビの造形とか。

めちゃくちゃ作り込まれていて、さらっと読んでも違和感がなく、すみずみまで眺めてもニヤリと楽しい世界観。

青山美智子さんの本の表紙も手がけているアーティストさんで、名前に見覚えがありました。

このミニチュアの世界、絶妙に癒やされます。

そして、子どもの頃の記憶を刺激される。

草むらにしゃがんで、小人の世界を想像していたような。

ぬいぐるみにも物にも生命があって、あたり前に一緒に生きていたような。

そんなわくわくした感覚を、ありありと思い出すんです。

素敵な絵本を見つけたなあ。

もともと、文具を買い足すために寄った本屋だったのですが、行ったらやはり、店内をふらふらと歩いてしまいます。

私、回遊魚みたいだな…と思いながら、そうして出会う本たちがまた、好きだったりするのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする