きょう、ほいくえんでね…!(てぃ先生)

以前に本屋で見かけて、買おうかどうしようか、保留にしていた本です。

図書館で見つけたので、借りてきました!

すごく可愛いんですよ。

うちの次男は、今ちょうど年少で、保育園児真っ盛りですが。

息子みたいなのが、いっぱいいる…!

私にとっては、保育園児の癒されエッセンスを抽出した、ゆったり楽しむコーヒータイムのような1冊です。

親目線で見て、可愛いなあと微笑むエピソードあり。

その発想や視点に、ハッとさせられるエピソードあり。

保育士ならではの、子育てコラムもあり。

【保育】【子育て】【子ども】というワードに関して、世の中へもっとあかるいことを発信することができたらいいな――

「はじめに」に、そう書かれていた通りの内容でした。

何よりも、私が楽しめたのは、きっと、

子どもを幸せにするためには、まず大人が幸せになること。

本当に心から子どものためを思うのならば、子どものことと同じくらい、自分自身のことも大切に思ってあげてください。

それが、楽しい子育て・保育の第一歩なんじゃないかなと思います。

そんな気持ちが、伝わってくる本だからだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする