マンガでわかる ネガティブでも叶うすごい「お願い」(MACO)

図書館で見つけました。

実はこの本、発売当初に、本屋で立ち読みしたものなんです。

でも、そのときは今ひとつ響かなくて。

約2年を経て読み直したら、驚くほどすんなりと頭に入りました。

たぶん、コイケさん一人さんちあ魔女さんに出会って意識が変わったから、受け取れるようになったのだと思います。

あと、やっぱり漫画はわかりやすい!

内側の意識を整えてから、言葉を送り出すこと。叶った世界に周波数を合わせること。

引き寄せのコツも、実感を伴って理解できるようになってきました。

ひとつながり

著者によると、「言葉を味方につけるための5原則」があるとのこと。

  1. 自分の心の感覚に1番ピッタリくる表現を使う(人それぞれ異なります)。
  2. 他人の言っていることをうのみにしないで、必ず「自分はどう感じるか?」を自分に問うことを習慣にしていく(無意識にできるようになるまで)。
  3. 語尾の使い方のルールなどにこだわりすぎない(完了形、現在形でなくてもよい。書いていて心の抵抗感を感じるものは合わないというサイン)。
  4. どのように叶うか、ではなく、「どうなりたいか、どうありたいか」を言葉にしていく。
  5. なりたい未来に意識を向けておく。

このうち、1と3が新しい発見でした。

いろんな生き方や暮らし方、思考を試してきましたが、私に合うものも合わないものも、さまざま。

けれどMACOさんいわく、一人ひとり全く違った脳と、独自の思考の傾向を持っているから、それはあたり前のことで。

「自分に一番しっくりくるやり方を見つけること」が大事なのだそうです。

自分がこれならやりやすくて、心の抵抗感が少ないと感じるものを実践していくのが現実をスムーズに動かすキモになります。

情報をうのみにするのではなく、いろいろ試しながら、得たものから自分に合うものを選んでいくようにしてください。

この言葉を聞いて「ああ、なるほどな」と腑に落ちました。

合うものを取捨選択していくだけでなく、自分にしっくりくるように微調整してもいいんだ。

そうして得たものを、たくさんの人が各々語っているから、根底は何となく同じものに繋がっていると感じるけれど、やり方や伝え方が人それぞれになるんだ。

何が正しいとか間違っているとかじゃなくて、自分に合うか合わないかが大事なんだ。

パズルのピースがぴたっとはまったような、すべての点が繋がって線になったような気持ちです。

ルフィじゃないですが、まさに「ひとつなぎの大秘宝」を見つけたほどの衝撃です(笑)。

私の言葉で

引き寄せの言葉がいろいろ載っていたので、中でも「使いたいな」と思ったものを、私にしっくりくる言葉で、覚え書きしておくことにします。

あなたもOK、私もOK

私は幸せ、いつも幸せ

この子は大丈夫、力がある

もっともっと受け取っていい。

欲しいものを欲しい形でもらっていい。

毎日が給料日!

やりたいことで生きられる私になる

すごい引き寄せがいきなり起きていい!

好きなものを食べても太らない!

あとは、ついやりがちなので、

  • 恐れや不安の心からの選択をしない。
  • 体をゆるめてスキマを作る。

これを心がけます。

怖がらなくても、大丈夫。

体にも心にも、余白を。

最後に、MACOさんからの言葉を、自身にも贈ります。

自分にだけは一番優しい自分でいてあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする