置かれた場所で咲きなさい(渡辺和子)

面倒だから、しよう」が、今の自分にすっぽりとはまり、心地よかったので。

第1弾のほうも、改めて買ってきました。

前に読んだときとは比べものにならないぐらい、腑に落ちる!

違いは、たぶん「今、ここが私の居場所」だと、覚悟が決まっていることです。

昔は、「本当の自分はこうじゃない」「私の輝ける場所は他にある」という気持ちが、どこかにありました。

結婚して、子どもが生まれて、親として女性として、幸せではあったけれど。

一個人の人生としてふり返れば、いちばん自分を抑えていた時期でもあり、根を張る場所を見失っていたのでしょう。

今ではしっかりと、場所を言い訳にせずに、咲きたいと思えます。

こうして受け取り方が変わる体験をするたび、人は変化する生き物なのだということを実感して。

歳の重ねがいがある、と喜びを噛みしめるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする