私のお腹には黒いものがあります(おひまる)

これも、本屋で立ち読みしたものの再読です。

母親になる前によく感じていた、女子あるあるが詰まっています。

ややスパイシーな味わいの、1コマ漫画。

辛辣だったり、自虐的だったり、でもスッキリ笑えるのが素敵です。

独身時代の居酒屋の女子会とか。

明日を気にせず、騒いで過ごしたお泊まり会とか。

そんな気分に浸りながら、読みました。

私は母親になってから、学生時代の友人のような、あけすけに物を言える相手が、ずいぶん減ったなあと感じます。

年齢的に、環境的に、背負うものが増えたからでしょうか。

それは決して荷物ではなく、むしろ大切な重みではあるのですが、自由で身軽な空気感もまた、忘れたくはない。

こちらとはまた違う種類なんだけれど、やはり人生に必要なエッセンスです。

ひとりの女子だった頃の、爽快なおしゃべりを思い出させてくれる1冊でした。

ちなみに、小学6年生の長女は、一通り読んでいましたが。

「私にはよくわからんわ」と、苦笑していました。

そりゃそうだね(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする