読書のストーリー

図書館が閉館し、外出自粛のため、ゆっくり本屋に行くこともままならないこの頃。

「本! 新しい本が読みたい!」

と、買い物に出かけたスーパーやコンビニの書籍コーナーや、学用品を買う近所の本屋で、ついでに本を買っている私です。

本を読むのは好きです。

お気に入りの1冊を読み返すのは、圧倒的な安心感が幸せです。

新しい本を読むのも、新鮮さが楽しくてたまらない。

休校が決まってから、いったい何冊買ったことでしょう。

電子書籍の読み放題は、お財布には優しいのですが(笑)。

スマホやパソコンで読むのは、疲れるし苦手なので、使うなら電子書籍専用の端末を買ってから、と思います。

だけど、本当は。

書棚の間をぶらぶら歩いて、本を眺めたり手に取ったりする時間も込みで、大好きなんです。

実際に本に囲まれた空間で選ぶのと、ディスプレイ上で表紙を見ながら選ぶのとでは、全然違います。

匂いや手触り、質感、厚み。

本の個性がよく見える場所だと、自分の五感も豊かになって、今の自分にぴったりな本を探し当てることができます。

今まで触れたことのなかったジャンルに、思わぬ出会いがあったり。

好きな本が、どんな位置にどのぐらい置かれているかを確かめて、ひとりほくそ笑んだり。

その1冊と出会うところから、ストーリーを楽しみたい。

私にとっての本は、そんなエンターテイメントです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする